バルクアップ チーティング法

チーティングとは?

チーティングとは、ウエイトトレー二ングの動作で反動を使ってバーベルを挙上する方法です。
チーティングを用いることで、通常のストリクト法では限界のバーベルを反動で持ち上げることができるため、使用重量の伸びが停滞し、マンネリを迎えた人に効果的なトレーニング方法です。

 

しかし、反動で勢いを使ってバーベルを挙げてしまうことができるため、鍛えたい筋肉にかけるべき負荷が少なくなって刺激が弱くなる可能性もあるので、多用することはおすすめできません。
レップを重ねて限界に近くなり、スッティキングポイントを通過させるのがどうしてもつらくなり、「スティキングポイントを超えられればもう少し追い込めるのに・・・」というところでチーティング法で超えるというのが正しい使い方です。

チーティング法の使い方

・通常のストリクト法でウエイトトレーニングを行います。
・限界に近くなると、バーベルの動きの中である一点(スティキングポイント)を通過するのが非常につらくなります。

・そのスティキングポイントを通過させるときに最小限の反動を用いてバーベルを通過させます。
・最後の2,3レップに用います。